現代人のQOLの維持・向上のために

第2回研修会

現代QOL学会第4回公開研修会

 

現代QOL学会第4回公開研修会

「痛みとストレス―からだの声に耳を傾けよう/心療内科医の立場から」
 
 
 痛みはストレスの大切なサインである。特に数か月以上続く疼痛は、痛みのみならず、疲労・倦怠感・睡眠障害・胃腸の不調・不安・気持ちの落ち込みなど様々な症状を伴って、就業や日常生活に大きな支障をきたしQOLの低下を招く。からだの各部位に現れる痛みとそのメカニズム、痛みの背景にある心身のストレスなどの痛みの理論を学び、適切なストレス対処法を身につけよう。

[日時]2014年6月8日(日)13:00-15:00
[会場]早稲田大学国際会議場 東京都新宿区西早稲田1-20-14(Tel:03-5286-1755)
[講師]村上正人先生(日大医学部呼吸器内科・日大板橋病院心療内科部長)
[講師プロフィール]日本大学医学部卒業。Cleveland Clinic(Ohio,USA)
Research Fellow、国立高田病院(新潟県)内科医長などを経て現職。
[著書]ストレス対策で病気を防ぐ・治す本(主婦と生活社)他多数。
[参加費]会員:1,000円、非会員:2,000円(当日に学会入会の場合1,000円)
 
 主催:現代QOL学会  後援:日本認定心理士会・現代QOL研究所
 

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional