現代人のQOLの維持・向上のために

理事長挨拶

理事長挨拶

画像の説明



現代QOL学会理事長
織田 正美






このたび、「現代QOL学会」を立ち上げることになりました。設立発起人を代表して、一言ご挨拶を申しあげます。

QOL(Quality of Life:生活の質、生き方、人生の質、生命の質)は、日本の現代社会だけでなく、世界の国々においても、近年きわめて重要視されてきています。さまざまな学問領域で研究され、多くの実践場面、あるいはわれわれ個人においても、いかにしてQOLを維持・向上させるかは重要な課題となっています。

このような状況をふまえ、「現代QOL学会」を設立発起人、顧問の方々とともに創設いたしました。この21世紀に向けての新しい学会により多くの方々が参画(入会)され、共にQOLの本質は何か、現場における実践プログラムの実態はどうなっているのか、どうしたらQOLを維持・向上できるのかなどについて、究明することができればと祈念しております。


略歴:社団法人日本心理学会理事長、一般社団法人日本健康心理学会理事長、日本心理医療諸学会連合理事長、早稲田大学臨床健康心理学研究所所長、日本心理学諸学会連合副理事長、日本学術会議心理学研究連絡委員会幹事、医療心理師国家資格化推進協議会会長などを歴任。
現在は、早稲田大学名誉教授、東京福祉大学特任教授、現代QOL学会理事長、日本心理職協会会長、現代QOL研究所所長、一般財団法人日本心理研修センター副理事長、公益社団法人日本心理学会名誉会員などを務める。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional